抜け毛を防ぐなら煙草をやめるべき!薄毛と喫煙の関係

抜け毛を防ぐなら煙草をやめるべき!薄毛と喫煙の関係

喫煙があまり体に良くないというのは多くの人が知っていることですが、喫煙は抜け毛にも影響し、薄毛になる可能性があります。これから薄毛が進行するのを防ぎたいなら、タバコは止めたほうがいいでしょう。では、なぜ喫煙が抜け毛に関係するのか、その具体的な原因をご紹介します。

タバコは薄毛や抜け毛を悪化させる要因にも

タバコを吸うとニコチンが体に入り、体に様々な影響があります。まず、血管が収縮し血液の流れが悪くなるため血行不良となり、髪に必要な栄養が届きにくくなります。もともと髪は生命維持に関わらない部位なので栄養の優先度が低くなりがちですが、喫煙によってより栄養が届かなくなれば、栄養不足になった髪は細くなり抜けていき、薄毛が進行してしまいます。また、ニコチンは自律神経を乱してしまうため、毛穴が詰まる皮脂の過剰分泌や、髪の成長と修復を妨げる睡眠不足という抜け毛の原因を生み出します。

 

煙草を吸うとビタミンCをはじめとする様々なビタミンが多量に消費されてしまいますが、ビタミンは髪にとって大切な栄養素です。一応、大量のビタミンを摂取すれば補うこともできますが、そもそも余計に消費してしまう喫煙をしなければそんなことをする必要はありません。

 

喫煙によってAGAの原因である悪玉ホルモンの増加も

さらに、喫煙することでAGA(男性型脱毛症)の原因となる強い脱毛作用を持つ男性ホルモン「ジヒドロテストステロン」が増えてしまいます。もしAGAになってしまえば、自分の力で抜け毛の進行をどうにかすることは難しくなります。そうなる前に対策をするなら、喫煙は止めるのが一番です。

 

頭皮と体の健康のために禁煙しよう

なお、喫煙を止めるとそれがストレスとなり抜け毛が増えることもありますが、タバコを吸えないストレスはニコチンへの依存によって発生しているものです。長期間喫煙を続ければよりニコチンへの依存度は高くなります。喫煙は体にも髪にも悪影響がありますから、薄毛が気になるのであれば早いうちに禁煙し、髪に栄養が届くように健康的な生活をして抜け毛の進行を食い止めましょう。