【動画】薄毛に悩む男女80%に改善傾向が見られたと報告!

薄毛に悩む男女80%に改善傾向が見られたと報告!

薄毛に悩む男女80%に改善傾向が見られたと報告される画期的研究の成果。かつて超人気番組だった「あるある大辞典Ⅱ」で紹介している方法をシェアします。今でも、これからも通用するので参考にしてみてください。

 

 

動画に登場しているのは、育毛・発毛の分野でも権威の岡嶋教授。なんとカプサイシンとイソフラボンを同時に摂取することで、毛髪の成長期を延長することができるんだそうです。

 

カプサイシンといえば、唐辛子に含まれる辛味成分で、血行を促進し、体をポカポカと温めてくれる効果があることでも有名です。またイソフラボンは大豆に多く含まれていて、女性ホルモンの働きを助けてくれる効果があります。この2つを同時に摂ることでどのような効果があるのでしょうか?

 

カプサイシンとイソフラボンの同時摂取の効果

カプサイシンとイソフラボンを同時の摂ることでどのような効果があるのでしょうか?

 

カプサイシンとイソフラボンを同時の摂ると『IGF-1』というインスリン様成長因子が髪を生えさせる司令を出す毛乳頭に増加します。この『IGF-1』は、毛乳頭を活性化させ、髪の成長を促すのです。しかも髪の成長を妨げる男性ホルモン(ジヒドロテストステロン)によって成長が止まってしまった場合でも、ふたたび毛乳頭を活性化させ髪の成長を促進してくれるというので驚きです。

 

カプサイシンとイソフラボンを同時の摂れば、たとえ成長の途中で抜け落ちてしまっていた細く頼りなかった髪も、太くしっかりとした髪に育つことが期待できるのです。

 

薄毛対策に良いAGA対策レシピ

唐辛子も大豆も私達の生活に身近なものなので、うまく取り入れることで薄毛対策に活用していきましょう。毎日お味噌汁を飲んでいるご家庭では、七味や一味を加えるのもありですね。動画の冒頭でも毎日、お豆腐の味噌汁に唐辛子を加えて薄毛を改善した人の体験談がありました。

納豆キムチ

混ぜるだけでできる簡単レシピです。朝のおかずに一品加えたり、お酒のおつまみにもなりますので、納豆を食べる時にキムチを加えたり、キムチがない場合は、一味や七味でもよさそうです。

 

韓国風冷奴

お豆腐にコチュジャンやキムチを載せて食べるのも、お酒のアテになりますね。冬場は湯豆腐のようにして食べるのも良さそうです。

 

豆腐チゲ・キムチ鍋

寒くなるとお鍋の季節になりますね。キムチ鍋は最近流行っていますので、豆腐をたっぷり入れて食べるといいですね。また、豆乳鍋も人気ですが、これにキムチなどを加えることで、さらに効率的にカプサイシンとイソフラボンが摂れますね。鍋はいろいろアレンジできるので、楽しく食卓に唐辛子と大豆製品を取り入れましょう。