日本人の薄毛への関心度は悩んでいる男性と女性では違う?

AGAによる薄毛に悩まされている男性は非常に多く、街中にはAGAの治療を行っているクリニックが多数存在しています。
今や日本人の3人に一人は薄毛という非常に身近なものですが、実際に世の中の人はどのように考えているのでしょうか。

 

20代から30代の男性に薄毛の関心度は高い

男性についてですが、AGAに悩んでいる男性に関しては当然関心度は高いでしょう。しかし、既に完全に薄くなってしまっている人の場合やAGAの症状が出始めの人、年齢などによってもその関心度は大きく異なります。20代や30代、40代辺りまでは周囲に薄毛で悩んでいる人が少なかったりしますし、女性の目も意識している人が多いのでAGAにかなり関心が強いと考えられます。実際に、AGAの治療を行っているクリニックにおいても、30代前後の患者の数がメインストリームだと言われています。この辺りの年代だと実際にAGAに悩まされていない人であっても、AGAになる恐怖や不安を抱えていたり、予防のために様々なケアを行っているというケースが少なくありません。
50代以上になると周囲もかなり薄くなっている人が増えたり、女性の目があまり気にならなくなる年代になるので、薄毛であることをそれほど引け目に感じない人が多くなっています。

 

女性の多くは、薄毛をそれほど気にしないと言っているが…実は

女性は男性の薄毛をどのように考えているのでしょうか。多くの女性は、20代などでなければそれほど男性の薄毛を気にするということはないという方が多いです。しかし、実際には薄毛の人を恋愛対象から外してしまうなど、無意識的に薄毛を気にしてしまっているという方もいます。女性の場合は、薄毛を気にし過ぎている男性の方が気になるという意見も多いです。これはナルシスト的に前髪ばかりイジっている男性が嫌がられるのと同様に、男らしく堂々としていない方が薄毛よりもマイナス印象ということかもしれません。

 

このように日本人の薄毛への関心度は、性別やそれぞれの状況によって大きく変わる傾向にあります。

 

薄毛がAGAなら適切な治療で直してコンプレックスを解消しよう

実際には、本音と建前とが男女ともにありますし、実際にその状況になった時、人それぞれ考え方は変わるものです。ただ一番良くないのは、「相手にどう思われるのか?」を気にするあまり、引っ込み思案になったり、自信を失って行動を起こせなくなることです。

 

コンプレックスを気にしなくて良いという人は、それほどコンプレックスに悩んだことがない人だと思います。治すことのできないコンプレックスや障害があれば、乗り越える強さも必要ですが、薄毛の原因がAGAであれば、適切な治療を行うことで克服することができます。もし、少しでもAGA治療に興味があれば、AGA業界に風穴を開ける風雲児「AGAヘアクリニック」がおすすめです。スマホの遠隔治療の先駆けで、処方薬のみの定額費用で業界の価格破壊にも取り組むAGAヘアクリニックは、全国から予約が殺到しています。相談だけでも、さらに診察となっても費用は無料なので、悩む時間を少しでも治療に充ててくださいね。